Just another WordPress site

放課後キッズクラブとは

  • HOME »
  • 放課後キッズクラブとは

横浜市放課後キッズクラブとは

放課後キッズクラブは、地域の小1~小6のすべての子どもたちを対象にして、小学校施設を活用し、「遊びの場」と「生活の場」を兼ね備えた安全で快適な放課後の居場所を提供することを目的とした事業です。

利用区分・費用について

利用方法及び就労状況等によって、「利用区分1」と「利用区分2」の2種類の登録方法があります。なお、年度途中での区分変更は可能です。
※「利用区分2」には定員があるため、登録状況により「利用区分2」の登録及び「利用区分1」から「利用区分2」への変更はお断りさせていただくことがあります。

↓指でタッチしながら横にスクロールしてください。
利用区分1 利用区分2
利用時間 平日:放課後~午後5時まで
土曜日及び学校長期休業日:
午前8時30分~午後5時まで
※午後5時以降の利用者が定員数を下回っている場合は、午後7時まで参加が可能です。(有料)
平日:放課後~午後7時まで
土曜日及び学校長期休業日:
午前8時30分~午後7時まで
登録条件 なし 留守家庭児童
(就労等により児童が帰宅する時間に週1日以上保護者が家庭にいない児童)
定員 なし あり
利用料 無料
(午後5時以降利用する場合は1回800円及びおやつ代100円)
月額5,000円(※減免制度有り)
おやつ代1回100円
傷害見舞金制度
負担金
500円/年 500円/年
その他 就労証明書等の提出が必要です。

利用料減免制度について

放課後キッズクラブには、利用料の減免制度があります。(月額利用料の場合のみ)また、おやつ代やプログラム参加料等の実費負担分については減免対象外となります。

【減免制度対象世帯】

  1. 生活保護世帯
  2. 市民税所得割非課税世帯
  3. 平成24年税制改正による扶養控除見直し前の旧税額計算により市民税所得割非課税となる場合
  4. 寡婦控除をみなし適用し市民税所得割非課税世帯となる場合(詳細は、横浜市こども青少年局放課後児童育成課にお問い合わせください。連絡先は「お問い合わせ」に記載しています。)

費用のご請求・ご納入について

小学校放課後キッズクラブでかかる費用はすべて金融機関(※1)を通してご納入いただきます。
その月にかかった費用(利用料、おやつ代、プログラム代等 ただし、傷害見舞金を除く)を翌月27日(※2)に引落いたします。ご納入時に、自動引落手数料として100円を費用と共に引落いたします。何卒ご了承ください。
尚、引落予定明細は、メールやお手紙でお知らせいたしますので、ご確認をお願いいたします。

※1:郵便局を含む、全国の銀行、信用金庫など、ほぼすべての金融機関が対象です。
※2:27日が休日等にあたる場合は、翌銀行営業日となります。

開所日・時間について

放課後キッズクラブの開設日について

放課後キッズクラブは、次に揚げる日を除き毎日開設します。

  1. 日曜日
  2. 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日
  3. 1月2日、1月3日及び12月29日から12月31日まで

警報発表時の対応は基本的に以下の通りの対応とさせていただきますが、災害状況により、閉所することがあります。

放課後キッズクラブの開設時間について

放課後キッズクラブの開設時間は下記の通りとなっています。
土曜日及び学校長期休業日並びに午後5時以降については、利用希望者がいない場合などは実施時間の変更または閉所することがあります。
一斉下校後に帰宅する場合には、必ず保護者又は保護者から指定された方のお迎えが必要となります。

月曜日から金曜日 放課後から午後7時まで
土曜日  午前8時30分から午後7時
学校長期休業日  午前8時30分から午後7時

土曜日及び学校長期休業日並びに午後5時以降については、利用希望者がいない場合などは実施時間の変更または閉所することがあります。
一斉下校後に帰宅する場合には、必ず保護者又は保護者から指定された方のお迎えが必要になります。

警報発表時の開所に関しては各小学校のページをご確認ください。

PAGETOP
Copyright © 理究が運営する学童保育事業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.